ミーハーサッカーファンのブログ…だった筈が最近あまりサッカーの話をしていないと言う…。なんだか、好きな歌手のことも語っていくらしい。スキマスイッチと奥村愛子さんとかが好きですよ。


by red-brother
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あだおとこ。

観ました、仇男。

プラン9のDVD鑑賞、三本目です。
初めて観たのが、レンタル屋で借りてきた覚王山さん作「アオいアオいアオい空」。
二本目に見たのが、中古で買った久馬さん作「編集者 竹一平の苦悩」。
そして、三本目、この間購入し、今日見た久馬さん作「仇男」。


「アオいアオいアオい空」
笑いながらちょっと感動して。
「編集者 竹一平の苦悩」
笑いながら物語の不気味さに少し怖くなって。

「仇男」
成程、此れが久馬さん節か。
そう思いました。

以下纏まりの無い文章。



最初の方は笑っていました。
其れはもう声を出して。
特に、エチュードのシーンはもう笑が止まらなくてお腹が痛くなるくらい。
アイドルオタクのなだぎさんは本当に気持ち悪いし(笑)
何なんだろう、あの動きと顔芸w
ギブソンさんの売れない役者は、最初普通の人だと思っていたら、ホストの話に食いついた辺り以降から変なキャラクターになっていってた気がするし。
久馬さんは、自分で行って自分でうけて笑ってるし。
ゴエさんとつかささんはほぼ突っ込み役と化してた気がするし。
正直、なんとなく、其々が仇を討ちたい相手なんだろうなと予想はついていました。
けれども、そんなオチに為るとは思いもしなかった。

裏切られて裏切られて落とされて。
あだ討ち開始以降、笑い声も出ずはらはらしながら観ていました。
一人で見ていたのですが、観終わったあと父に「途中まで笑っていたのに、急に静かになったからどうしたんかと思った」と言われました。
其れ程、仇討ち開始後の展開が驚くほどのものだと思いました。
終わり方が暗いなぁと。
でも、此の感じ、なんだか好きだと思いました。
星新一の短編を読んだような後味と似ている気もする。
ブラックユーモアって言うんでしょうか?
そんな感じ。

映像特典の方は、本当笑いまくりました。
マリリン追悼番組、ゴエさんが笑いこらえてる感が凄く出ていました(笑)

というか、マリリンが隅田なのが笑えるw
正直、似合わないwwww
だから善いんだけれど(笑

そして、おまけ。
やっぱりエチュードは善い。
楽しすぎる、あれは。
何なんだあのグダグダ感w
「ぞ」で始まる言葉とかなさすぎだろうw
殆どしゃべってなかったよ、なだぎさん。
顎男の方は意味がわからなさ過ぎる良い意味で(笑)

次は、本編を副音声で観ないと。
副音声聞きながら観たら、又印象変わるかな?

でも、此れがつかささん、今のところ最後の出演DVDなんですよねー。
此れ以降、四人になると思うと…なんだか淋しいなぁ。
[PR]
by red-brother | 2009-02-09 22:43 | 笑い